YK_D

Project

琥珀色の珈琲アロー

January 13, 2020

熊本の老舗、アローさん。
1964年、前回の東京オリンピックの年に創業され
以来、55年間ほとんど休むことなくカウンターに立ち続けておられます。
マスター八井巌さんがドリップする琥珀色の珈琲のファンは
地元だけではなく、全国、世界におられるという名店です。
ロゴ・パッケージ・サイン・webサイト、一式完成しました。
お店のイメージを統一しながら、今までお店でしか販売していなかった珈琲豆を通販にて販売し
皆様の手に届きやすくすることが一番の目的です。
50年の間に出来た「アロー」「ARROW」のデザインは
それぞれの時代にトリップしたようで、とても愛着を感じるものばかりです。
歴史あるデザインに触れる機会は、いつでも楽しいです。

特に、この愛嬌ある可愛いイラスト。
マスターの奥様が生前の頃に描かれたもので、ご家族の皆様にとっても大切な看板です。
アローを訪れたことのあるお客様にとってもそうだと思います。
老朽化も進み、そろそろ新しく取り替えなくてはならない頃。
新しいマークは、この可愛いイラストをメインにすることにしました。

シンボルマークはイラストをリライトして、エンブレムにしました。
文字も、少し懐かしさを感じるように。
最初に新ロゴが使用されたのは、パッケージ。
珈琲豆が入った白い袋にベージュとロゴの組み合わせ。
続いて、サイン。
盤面のみではなく、ベースとなる電照ボックスを含めてデザインしました。
最後に今回の本丸、webサイト。
コーデイングはフルスケールさん、写真は山口亜希子さんにお願いしました。
以下、すべて山口亜希子さんの写真です。

撮影中、たくさん珈琲のおかわりを頂きました。
その間にも、台湾からお客様がお見えになられたり
気さくにお話されるマスターと談笑されていました。
ちなみに、マスターは常に日本語です。
だけど、伝わるんですね(^L^)

webサイト

https://www.coffee-arrow.jp/

 

小国のゆめ、びぷれす広場にて

January 10, 2020

 

阿蘇小国町を中心に販売されている「小国のゆめ」シリーズ。
本日と明日、熊本市上通入り口のびぷれす広場にて出張販売です。
小国で育った熊本県産大豆「すずかれん」を使用した「小国のゆめ」は、
賞味期限等の都合でなかなか市内ではお目にかかれません。
かなりラインナップも揃い、昨年末からシリーズの展開案を進めているところです。
今年からは出張販売等にも力を入れられるとのこと、各所でお目にかかる機会も増えるかも知れません。
今回はとり急ぎのPOPを制作、朝からお届けしました。
近々、すべての商品のコンセプトが皆様に伝わるように完成させる予定でいます。
良い商品を育てるのは時間がかかります。
出来ることをきちんと進めながら、じわじわと広がって行くことを願っています。

 

 

2020。

January 07, 2020

 

 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年は多くの新しい出会いに恵まれた年でした。
干支の始まりでもある今年、いただいたご縁を大切に、新しい展開にも期待しています。
年賀状の紙はエアラス スーパーホワイト200kgを使用しました。
グロスも丁度いい感じで、軽さ(柔らかさ)がとても気に入っています。

竹尾様よりご依頼頂きまして
「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.15
今年も参加いたします。
1月28日から2月28日まで。
私の年賀状は福岡見本帖に展示されます。
ご都合よろしければご来場ください。

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20200128.html

 

 

 

 

A Happy New Year! We ask for your continued support again this year. The sexagenary cycle of 2020 is a mouse.  The kanji “子” who expressed the sexagenary cycle designed a New Year’s card with a number. The kind of the paper is TAKEO’s  fine paper “AIRUS super white”. New Year’s card exhibition by 100 creators will start at Fukuoka Mihoncho on January 28

 

sumaikoubou 新社屋

November 23, 2019

 

 

すまい工房様の新社屋、水前寺駅前にて建設中です。
建物の外観も完成に近づき、1つ目のサインとしてOPEN告知を取り付けました。
残すところあと2週間。
水前寺駅前というアクセスの良い場所に、心地よい空間が生まれます。

 

 

九州ADCアワード2018 ベスト9巡回展 in 宮崎 & トークイベント

November 20, 2019

10月12日。
九州ADC宮崎会員の小野さん、河上さん、河野さんの企画で実現した巡回展です。
当日は宮崎の方々と九州各県から集合。
トークイベントは、福岡の茂村さん、長崎の羽山さん、鹿児島の冨永さん、と私。
受賞した仕事についての話から地域性についてなど、幅広く話せたように思います。
9つの仕事と合わせて、受賞者全員集合とはいきませんでしたが
福岡の伊藤さん、仕事の為にすぐに帰った大分の長門さん(笑)5名が参加。
宮崎の皆様とゆっくり交流してきました。
宮崎は個人的にも好きなところで、よく行きます。
偶然知ってる仕事に出会うことも多く、嬉しくなります。
ちなみに翌日は少し観光して、最後におぐらのチキン南蛮を食べて帰りました。

 

 

 

「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.14

November 19, 2019

あまり更新しないブログですが、思うところありちょっとまめに書いていこうと思います。
時系列バラバラになりますが、ちょっと前の話も混ぜながら進めます。

そろそろ今年を振り返る時期となって来ました。
今年の始め「クリエイター100人からの年賀状」展vol.14に参加しました。
デザイナーであれば誰でも知る紙の専門商社、竹尾様よりご招待いただいたものです。
vol.13までは東京と大阪、2拠点の開催でしたがvol.14からは福岡を加えた3拠点での同時開催。
会場となる福岡見本帖では、全国のデザイナー50名と九州のデザイナー50名の合計100点の年賀状が展示されました。

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20190123.html

年賀状を送る風習は減ることはあってもなくなることはないと思います。
今年もそろそろ年賀状を考えないといけない時期。
毎度毎度自分の年賀状はあと回しにしてしましがちですが、来年は鼠。
そそくさと準備しようと思います、今年こそ(笑」

 

 

北谷

November 15, 2019

昨日日帰りで沖縄、北谷へ行って来ました。
ゆっくりと時間があった訳ではありませんが打ち合わせが終わった後のフライトまでの時間にご案内いただきました。
着いた時は小雨でちょっとがっかりしていたのですが、最後はなんとか晴れてくれました。
快晴だともっと綺麗なんでしょうが、十分です(^L^)
湾は穏やか。でも少し歩くと高い波。
ビーチがないので迫力あります。空も抜けて、地球が丸いのを実感しました。
オフシーズンの沖縄もいいものです。

日本タイポグラフィ年鑑2019作品展 九州展2019

October 11, 2019

 

先週土曜日、日本タイポグラフィ年鑑2019作品展 九州展2019を見に福岡まで。
タイポグラフィ論満載の工藤強勝さんと茂村巨利さんのセミナーの4時間は
内容がとても深く、あっと言う間に時間が過ぎました。
打ち上げまで参加させていただき、日帰りするつもりが楽し過ぎて結局泊まりに(^L^)
デザイン漬けの1日となりました。

日本タイポグラフィ年鑑2019作品展 九州展2019
会 期:10月07日(月)〜10月21日(金)
時 間:10:00~18:30 土日祝・休 ※入場無料
会 場:レイメイ藤井 ペーパーイン
〒812-8613 福岡市博多区古門戸町5 -15 レイメイ藤井 Tel:092-262-2264

 

グランプリ、茂村さんの「九州ロゴ」

馬場水車場さんも展示されています。

 

工藤強勝さん。書体、文字組み、とても貴重なセミナーでした。

 

打ち上げにて。工藤さんの著書を見ながら、書体の話に夢中の茂村さん(中央)と九州ADC会長の梶原さん(左)
文字話は尽きません。

 

最後にデザイナーと協賛の竹尾様・レイメイ藤井様の皆さまと一緒に記念撮影。
文字にどっぷり浸かったとても楽しい1日でした。

 

 

 

 

 

Press

October 03, 2019

 

サイトにPressページを追加しました。
書籍等に掲載されたものはAboutの中に表示していますが
画像としてもアーカイブして行きます。
合間合間に随時アップしますので、たまにご覧ください。

 

 

UnitedKoreaFlag Show

October 02, 2019

Gwangju Design Biennale 2019
http://www.gdb.or.kr/
UnitedKoreaFlag Show
September 7 (Sat) – October 31 (Thu), 2019
Eunam Museum

光州で開催中のGwangju Design Biennale 2019 (2019 광주디자인비엔날레)のひとつ、
UnitedKoreaFlag Showに招待され、フラッグをデザインしました。
世界32ケ国、63名のグラフィックデザイナーが参加しています。
難しいテーマでしたが、一番思うことは東アジアから世界の平和を発信できればなぁ、と。

concept of flag
Each country and each national flag has its own history.
The national flag is meant to touch people’s hearts.
In this new era, caring for one another and loving peace will combine into one.
The flag delivers everyone’s wish for a peaceful era across the globe.
With a hope for this flag to fully play its role, it was designed based on the angle of our planet’s axis, 23.4 degrees.

参加デザイナーの一覧も頂きました。
63枚の旗にそれぞれのデザイナーの意思が感じられます。

 

 

 

 

 

 

Page 1 of 812345...Last »